体幹オタ

  • 2014/09/07 00:30
  • Category: 練習
IMG_1616.jpg

少し昔の話ですが、

玉三郎さんがご出演、というので
7月に久しぶりに歌舞伎座に行ってきた。

その玉三郎さんは世界でも有数の、
体幹を自由自在に使いこなせる人、というので

201400905_01.png

今、こんな本を取り寄せて読んでいるんだが、

玉三郎さんのあの、美しく優美な腕の動き、足の運びは
全て胴体を軸とした動きの結果、ということらしい。

実は今、キックボクシングジムで
体幹を使って様々な動作をする訓練をしてるんだけど、
これがまぁ、激ムズなのだ。

例えば四つん這いの姿勢から

「胴体の力で立ち上がって下さい」

と、いわれても???でしょ。
そして実際やってみるとみんな、腕や脚の力だけで動いてしまうんだ。
翌日以降、腕と脚がガチガチに筋肉痛になるので、
全然できていないことがよくわかる。

でもごく稀に、何十回に一回、それが出来るときもあって、

そうするとホントに「うっそぉ」と思うくらい楽なのだ。
同じ動作でも、腕や脚の力に頼ると体力の消耗も激しいみたい。

ということは体幹を上手に使えるようになると、マラソン的には;

・ピッチは同じでも歩幅が広くなり
・体力の消耗も抑えられる

ということか。

ってか、こうつらつらと書いていて、ハッと気が付いたんだけど、

体幹を鍛えるって、筋トレをすることじゃなくて、
胴体を最大限に使えるよう所作を身につけること、なのね。

なるほど

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Pagination

Comment

キミ兄

おお、慧眼ですね!
確かに、体幹トレーニングをいくら積んでも、使い方を知らないとただの筋肉オタですもんねw

  • URL
  • 2014/09/07 09:09

リオ♪

深いっすね、深い。永遠のテーマ体幹っす。
  • URL
  • 2014/09/07 13:12

river

アプローチは違うけれど、目指すところは同じ。
たぶんそんな練習をしています。

たまーにうまくいくときがあって、
「ナニ、コレ」と脳内にどよめきが・・・。

いくつになっても新鮮なことってあるなー。
  • URL
  • 2014/09/08 02:48

マル

キミ兄 さま♪

コメントありがとうございます!

筋肉をどう動かすか、
だから体幹、というより"体感"という感じです。
日常生活のなにげない動作も、どう胴体を使うか、
結構考えて動いてます、奥が深いですね。
  • URL
  • 2014/09/08 22:00

マル

リオ♪ さん

錦織選手を応援したくて、WOWOW入りましたよ…
NHK、4大大会の決勝戦ぐらい放映権取得しとかないと〜!

でも、テニスの試合を観るなんて
ウィンブルドンでのフェデラーvsナダル対決以来です、てへ☆
  • URL
  • 2014/09/08 22:03

マル

river さん♪

体幹を使って動くって、武道の動きがそうらしくて。
だから単なるスポーツではなく、精神的な領域にも入ってくとか。

これで私たち、なんか進化しちゃったらどうしましょうね(笑)
  • URL
  • 2014/09/08 22:05

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

マル

Author:マル
……………………
運動経験ゼロの壮年女子
初フル:4時間23分
(2013佐倉)
初サブ4:3時間50分
(2014ナゴヤ)
PB:3時間38分
(2015ナゴヤ)